山口県介護支援専門員協会

お薬スカッと解消プロジェクト事業について

TOP > お薬スカッと解消プロジェクト事業について
お薬スカッと解消プロジェクトを実施します。

患者さんの日常の状態や生活環境を詳細に把握している介護支援専門員(ケアマネジャー)と、薬物治療をサポートしている薬剤師が連携を進め、残薬管理や処方医への服薬情報のフィードバック、処方提案、かかりつけなどの検討を 通して、患者さんのQOLや薬物治療の向上につなげることを目的としています。

【強化実施期間】 令和元年1017日(木)~令和元年1023日(水)

【方法】                                                               患者(利用者)さんのご自宅に残薬があってお困りの場合、お薬スカッと解消バッグ等に入れ、調剤された薬局に持参してください(患者(利用者)さんの同意のもとで行います)。   相談や残薬等で薬局に連絡を取りたいときには 薬局へのお薬相談書(記入例)の活用をお願いします。薬剤師が連絡・相談が必要と判断した場合 薬局からの相談書(記入例)等を用いて担当の介護支援専門員の方にご相談させていただきます。

※今年度より「薬局への相談書」は手書きでも、パソコンからの入力でもできるようになっています。どんな相談でも結構です。ぜひご活用ください!

                                                                                                                   例1   例2   お薬相談書(Excel)

 

  

【アンケート調査】                                                            この連携事業を通して、どのような連携が生まれてどのようにQOLや薬物治療に貢献できたのかの確認のため、アンケート調査を実施します。                                                    お薬スカッと解消プロジェクトにおけるアンケート調査にご協力よろしくお願いいたします。                                             

【実施期間】 令和元年1017日(木)~令和元年11月30日(土)

  アンケート(Word)