山口県介護支援専門員協会

下松市介護支援専門員協会 

TOP > 地域協会案内 > 地域協会ページ > 下松市介護支援専門員協会 

地域協(議)会の特徴

 下松市は、山口県南東に位置し、瀬戸内海に面した人口57000人の小さな市です。病院3か所、一般診療所45か所、介護老人福祉施設4か所、介護老人保健施設2か所、介護療養型医療施設1か所、特定施設1か所等、医療・福祉・在宅サービスの施設環境は充実しています。

 私たち介護支援専門員協会は、平成13年に発足し、現在会員数102名です。協会執行部は、研修部・広報部に分かれて活動しています。今年度は「支え・支え合い・心通わせる」をテーマに掲げ、地域に根差した組織として活動しています。

 毎月開催する研修会・連絡会議にも多くの会員が出席しています。協会の一番の特徴は、発足当初より直営の地域包括支援センターが事務局を担っているということです。現在、特定事業所加算の算定要件にもある、他法人との共同開催の事例検討会も地域包括支援センター主催で、月1回開催しています。今後も行政と連携しながら、地域に根差した協会として活動していきます。

活動内容

研修会

・入院時医療連携について  ・障害支援専門員連携研修  ・服薬に関する視点について      ・周南圏域合同研修会(事例検討会の意義)  ・口腔に関する視点について             ・生活習慣病に対するアセスメントの視点  ・多職種連携について

その他

・下松市福祉健康まつり(協会として介護保険クイズ、事業所紹介、介護相談窓口など)        

・医療と介護の連携推進を考える会(2ヶ月に1回開催)

研修会について

 内容に応じて検討している。原則「会員であること」であるため、下松市の協会の会員になってもらうことを勧めている。

下松市介護支援専門員協会    

 会長:田村 則子

 事務局:藤井 有希(0833-45-1838/FAX0833-41-1515)

 平成30年度会員数:102名