山口県介護支援専門員協会

柳井広域介護支援専門員連絡協議会

TOP > 地域協会案内 > 地域協会ページ > 柳井広域介護支援専門員連絡協議会

 地域協(議)会の特徴

 柳井広域介護支援専門員連絡協議会は、平成16年6月に1市5町(柳井市、平生町、田布施町、大畠町、大和町、上関町)が合同で設立し、平成の合併により現在1市3町(柳井市、平生町、田布施町、上関町)で運営しています。各市町の地理的な特性、高齢化率やサービスメニューなどが様々で、介護保険に対する考え方にも温度差を感じることも多く、どこに基準を置くかが問題になることもありますが、違うからこそ色々な意見が出て、面白くもあります。

 役員は会長、副会長、事務局、会計、監査各1名、研修担当5名の計10名の理事で構成しています。研修については内容を全員で検討し、講師との連絡調整や研修会の準備運営を担当制で行っています。研修会は年4回実施しています。役員の任期は2年です。現在の会員数97名の内訳は、柳井地区37名、平生地区31名、田布施地区25名、上関地区4名となっています。

 活動内容

・介護支援専門員の資質や知識と技術の向上を目指した研修会・・・年4回

・地域内外の他団体が行う研修の案内  

・理事会・・・年10回   ・監査・・・年1回   ・総会・・・年1回

 研修会について

 ここ数年は他地域からの参加希望がないため対応をしていないが、柳井広域で会員以外の参加の際に500円を徴収しているため、同様の対応が考えられる。

 柳井広域介護支援専門員連絡協議会

 会長:神代 真希

 事務局:川口 欽一(0820-27-6001/FAX0820-27-0800)

 平成30年度会員数:97名